LA VITA SINGAPORE

時間の使い方が下手なあなたへ

時間の使い方が下手なあなたへ

こんばんは、ひとみーなです。

時間の使い方が下手なあなた・・・はい、私のことです(笑)

今、痛切に感じています。
6月の終わりにイギリスから帰ってきてから、特に。

秋から始めるプロジェクトの企画書を書いていて、イギリスの本部のGoサインがなかなかもらえなくて、なんども書き直し。
締め切りが迫る中、朝も昼も夜も、いろんなことを考えて、頭の中が忙しい忙しい。
夜もダラダラと書き物をする毎日。

OnとOffの使い分けが、今、超ヘタクソ。
唯一のリラックス時間は、毎午前中の瞑想。これは、救いですね。
これがなかったら、もっと大変なことになっていたかもしれません。

が、こんな生活が後数週間続くと、
身体に支障をきたすので、その前になんとかしないと。

こういった時は、自分を俯瞰してみます。そして解決策を多方面から探します。
まず、
・オンタイムの時間の使い方の効率を考える
大きなストレスの原因は、まずは今の企画書がすベて通ること、その後に続く資料・テキスト作り。時間がかかります。それは致し方ない。そうは言っても、私は自営業なので、仕事をしようと思ったらいつまででもしてしまうし、できてしまいます。そこに修正をかけます。

私は(そんなに若くないしたい力がないので)睡眠が必要な体質。7、8時間の良質な睡眠の確保をすることを考え、そして就寝前のダウンタイムを計算し、夜、仕事を終了する時間を自分で決めて、実行するのがポイント。

オンタイムの時間を区切り、集中して成果物をあげる。もし企画書が通らなかったら、スケジュールの変更(延期)を視野に入れつつ、というか、それも自分の中で、「ま、しょうがないか」というくらいの感覚で。←これは非常に重要。世の中の完璧主義者の皆さん、このくらいの気持ちを持ってください。

・オフタイムの気分転換の効率を上げる
今、私のオフタイムは、外で友人と会って楽しいおしゃべりをし、美味しいものを食べたりすること、と、お稽古事(お茶のお稽古、フラダンスのレッスン)ですが、オンタイムの切り替えができていないので、オフが十分楽しめていない感覚があります。お友達とあっていても、中途半端に神経が緩み、夜10時にはもう疲れのピーク。一緒にいるお友達に申し訳ないくらい、生欠伸が出ます。

遊ぶぞ!という切り替えが十分できていないんですね。次の日のことや、目の前にある課題の進捗状況を心配をしてしまう癖もありますが。

家でのダウンタイムは、主にSNS。これも今の敗因の一つでしょう。文字を追うので、目が疲れます。頭が疲れます。これも、時間制限をする必要あり。理想的には、良い音楽(私の場合は、オペラ、ピアノ、オーケストラ)をじっと聞いたり、仕事に関係のない本を読んだり、たまにNetflixで映画を見たり、そういう時間をダウンタイムに取り入れて見たいと思います。

遊ぶ時は遊ぶ。その気持ちの切り替え。できる人がうらやましいですw
私も頑張ります。

・カウンセリングを受ける
シンガポールの登録カウンセラーは、全員、スーパーバイザーのカウンセラーのカウンセリングを受ける義務があります。それも、クライアントのセッション10時間につき1時間。
これは、カウンセラーの精神状態をマネージするため。ガス抜きをし、カウンセラーが常に良い精神状態でクライアントに向かえるようにするため。
私も継続的に、スーパーバイザーのカウンセリングを受けています。私のスーパーバイザーは、インド系のシンガポーリアンで、本当にいい人。びっくりするくらい、善意の人。この話はいつかまた・・・

・フラワーレメディをとる
こういう時に助けになるフラワーレメディがいくつかあります。
o Rock Water
もうこれは「完璧主義者」のレメディ。物事が自分の理想とする通りに進まなくても、ま、いいか、と自分を許す勇気を与えてくれます。物事は、自分が計画した通りに動かないです。いろんな複合的要素がありますから。だからいいんです、自分の理想道理に動かなくても。
ま、これは私の愛用するレメディの一つです。
o White Chestnut
頭の中がいつもぐるぐる忙しい人のためのレメディ。色々考えすぎちゃって不眠症、っていう方にも効きます。私の場合は、OnとOffを切り替えるのに有効です。多分、よくねれます。
o Mimulus
対象が明確な不安に効くレメディ。ここでいう私の不安は、企画書が間に合わない、とか、資料が揃わないとか。本当は大丈夫なんです、そんなのできなくても。できなかったら命とられる、とか、そういうのありませんから。
o Oak
疲れを自覚せず突っ走って、あとからガクッとくる人のためのレメディ。私はこういうタイプではないと思っていたのですが、案外、今、これ必要かも。自分のパワーのコントロールのためにも。

いかがでしたか?
これ、私のセッションの、私自身の例を使ったサンプルです。
オンとオフの時間の使い方については、カウンセリングでフォローアップして行きます。
思考の癖については、フラワーレメディの助けを借ります。

もし今、壁にぶち当たって二進も三進も行かない場合、どうぞご連絡くださいね。
いろんな方面から、サポートできると思います。

では、満月の今夜、眠れる人も眠れない人もいるかと思いますが、良い夜を。

About The Author

Hitomi Sano
La Vita Counselling & Spiritual Care代表
佐野 仁美 | Hitomi Sano

心理カウンセラー・サイコセラピスト
バッチ財団登録 プラクティショナー(BFRP)
スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーリング・ミディアム
通訳・翻訳(金融、企業法務、心理カウンセリング、スピリチュアル全般)
英国Supiritualists’ National Union (SNU) 正会員, SNU Trainee Healer

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。