LA VITA SINGAPORE

AFC便り〜2019年秋(2)「トランス・ヒーリング」

AFC便り〜2019年秋(2)「トランス・ヒーリング」

こんばんは、ひとみーなです。
先週土曜の夜から始まった「トランス・ヒーリング」のコースが、昨日金曜日の夜で終了しました。

このコースは28カ国から生徒が集まってきたようです。面白いことに、イングランド、スコットランド、ウェールズは別国扱い(笑)。United Kingdomとしてカウントはしてませんでした。

トランス(変性意識)状態で「自動書記(スピリットガイドにお任せで文字や絵を描いてもらう)」をしてみよう、という面白い授業がありました。ペンが勝手にぐるぐる動く人と、全く何もできない人と、様々。そんな中、一人のフランス人女性が、フルトランスモードに入り、そして完全無意識の中、文章を綴り始めたのです!彼女の母国語ではない「英語」で、それもとても美しい哲学(フィロソフィー)を綴っていました。近代スピリチュアリズム台頭の頃、スティントン・モーゼスや他の偉大なミディアムが、こんな感じに「霊訓」などの素晴らしい知識をつづり残したのかな、と思いを馳せたりしましたが。

彼女は毎日1時間、トランス状態になり、霊界からの言葉や文章を受け取る練習をしているそうです。なんでも、努力は必要ですね。いつか、彼女の本が出版されるのを楽しみにしています。

今回は、他にもいろいろ思うところがありました。
特に最近、教えるという機会をいただいているので、先生方が何をどのように生徒に伝えるのかがとても気になりました。特に「トランス(変性意識状態)」なるものは、理屈ではなく個人の体感ですし、個人それぞれ違うので、とても教え方が難しい!何人もの先生がいろんなアプローチの仕方を伝えてくれて、なるほどな、と思った次第です。つまり自分にあった方法を自分に見つけろ、ということでした。当然ですね。

今週は思っていたほど実習の時間が少なくそこが残念ポイントであったのですが、そんな中でも、以前よりもかなり早く深く「トランス状態」に入れるようになった実感があり、これは収穫の一つでした。さてこの体験を私はどう伝えましょうか・・・

授業は、全体での瞑想、講義、ワークショップ、クラスに分かれての練習等々、朝の9時から夜の9時まであります。ある一人の先生の講義にとても惹かれました。

タイトルは、「21世紀のヒーリング・ミディアムシップ」「思考の力」。

私たちを含む世の中全て波動の存在。もちろん、スピリットガイドや故人も波動の存在。色も音も全て波動。物質も実は波動。ではその中で「思考」という波動は私たちにどのような影響を与えるでしょうか。科学的エビデンスを提示しながらのこの講座、非常に共感し、またエビデンスはものすごい参考になりました。

次のテキストや執筆中の原稿に反映できるかも!
ちょっとワクワクしています。

このコースで、以前から知り合いだったミディアムのテリーさんと、初めて「生」でお会いできました。SNU認定ヒーラーでもあり、今私が目指しているCSNUという資格を持っていらっしゃいます。思っていた通りの愛情一杯且つさっぱりした素敵な方で、スピリチュアリズムに関する考え方や、読んでいる本の選び方も似ていてびっくり。たくさんお話をし、いろいろ意見交換をさせていただきました。兵庫県西宮市で活動されています。もしお近くにいらっしゃる場合は、どうぞコンタクトとってみてください。

バラバラととりとめもなく書きましたが、そうはいっても、もう次のコースが今夜から始まっています。果たしてどうなることやら・・・またアップデートします!

About The Author

Hitomi Sano
La Vita Counselling & Spiritual Care代表
佐野 仁美 | Hitomi Sano

心理カウンセラー・サイコセラピスト
バッチ財団登録 プラクティショナー(BFRP)
スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーリング・ミディアム
通訳・翻訳(金融、企業法務、心理カウンセリング、スピリチュアル全般)
英国Supiritualists’ National Union (SNU) 正会員, SNU Trainee Healer

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。