LA VITA SINGAPORE

愛する人の命を守り合う、そんな世界

愛する人の命を守り合う、そんな世界

こんばんは、ひとみーなです。

 

毎日急激に状況が変化し、シンガポール政府から、なるべくショッピングモールやスーパーに行かないよう住民へ指示がありました。シンガポーリアンは原則引きこもりです。バーやカラオケ、映画館は強制的に閉まりました。スーパーのレジの行列は、1メートル間隔で並ばないといけません。

 

日本はどうでしょうか?
SNS等で情報収集していますが、ちょっと悲しい人たちも見受けられます。

 

これ以上、新型コロナウイルスの感染が広がったら、自分も家族も、発症するかもしれないし、特に肺炎にかかりやすいお年寄りや気管支の弱い人にとっては、命に関わる問題です。

 

そして、医療スタッフの感染で手が足りなくなり、入院ベッド数も限界を超え、
治療できなくて家で亡くなる方、爆発的に増えます。自分も死ぬかもしれません。
どうやらこれが理解できない、理解しようとしない、理解しても無視する方が散見されます。

 

症状が出ていなくとも、今現在、感染している可能性もあり、それを周りに移さないようにする、これ、原則ですよね。

 

自分や家族、そして周りの人が感染しないように、自治体・政府の指示に従い、自分の楽しみを後回しにし、家で待機していた子供達と両親達は、本当に頑張っていると思います。春休み、帰省したくても実家の親に感染させたら・・・という不安で帰省を我慢している人も多いです。

 

かたや、
興行イベントを実行したり参加したり、外出自粛の中、パチンコ屋の開店に長蛇の列を作ったり、クラブや宴会でどんちゃん騒いだり。また、感染の症状が出ているにも関わらず、新幹線や長距離バスで帰省したり。

 

前者は、他に対する思いやりを持った、「利他愛」「利他主義」の方といっていいでしょう。そして後者は、自分の利益や楽しみを優先にし、後先を考えない「利己愛」「利己主義」。

 

この新型コロナウイルスの問題の中、このふた通りの人たちの差がはっきりしてきたと、私は感じます。何故なら、この問題が「(肉体の)死」に直結するから、ではないでしょうか。

 

因果律という法則はご存知ですか?この世の中、原因があって結果があります。そしてその結果に対して報いがあります。

 

利己主義を貫いて、他に感染させて、その命を脅かしてしまった人は、いったいどのような報いを受けるでしょう。
娯楽として通っていたパチンコ屋、キャバクラ、カラオケボックス、居酒屋、またはイベント等で集団感染があったとします。濃厚接触者が調べられ、その人達の家族や会社にも連絡が行きます。自分も感染し、家族や会社の人を感染させてしまい、そしてそれが命に影響があった場合、どうなるでしょう。また、感染した親を持つ子供は、学校でどういう扱いを受けてしまうでしょう。その子供の友達の親は、自分の子供とその子を遊ばせたくない、そう思うかもしれません。

 

春休みに都心から帰省して、帰省前や帰省途中で感染し、田舎の両親親戚やその知り合いに感染させてしまったらどうなるでしょう。田舎には大都市ほどの医療施設がないかもしれません。そして感染により命に影響があった場合は、その人は一生悔やむかもしれませんし、その人だけでなく、両親親戚、そしてその家族の人生にも影響を与えるかもしれません。

 

命に関わる」可能性があるという、明確な結果が予想されます。そして自分の行動が、自分だけでなく家族や他人に影響を及ぼすことがわかっています。

 

この非常事態の中、それでも自分のやりたいことを優先してきた人、「利己主義」の人に対して、おそらく世間の目は厳しくなるのではないでしょうか。人間関係や雇用にまで影響が出るかもしれません。利己主義的な発想が淘汰されるのではないか、私はそう感じています。

 

愛する人の命を守る、そのために皆で協力をしあう、こんな状況でだからこそ、「利他愛」を実行する、そうありたいものです。

 

ただ、ここまで書いていて心配になってきたのは、「利他愛」を、他人を思いやってする行動自体を、世間一般に強制する風潮になるということ。これはその「動機」自体が違います。この動機の話は、長くなるのでまたいつか。

 

ずっと遊びに行けなかったり、旅行や帰省できないわけではありません。
日本の、そして世界の状況がある程度落ち着くまで。
経済的な話は、ここでは触れません。政府・自治体に譲ります。
でも新型コロナウイルスが早く終息すれば、経済活動も行えます。

 

中長期的目線で、互いを思いやり、愛のある家族・社会を皆で作り、この困難を乗り越えていけたら。そう祈りたいと思います。

About The Author

Hitomi Sano
La Vita Counselling & Spiritual Care代表
佐野 仁美 | Hitomi Sano

心理カウンセラー・サイコセラピスト
バッチ財団登録 プラクティショナー(BFRP)
スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーリング・ミディアム
通訳・翻訳(金融、企業法務、心理カウンセリング、スピリチュアル全般)
英国Supiritualists’ National Union (SNU) 正会員, SNU Trainee Healer

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。