LA VITA SINGAPORE

(日本語) 心と魂の癒しをあなたへ

(日本語) 「鬱」についてのシンポジウム

Sorry, this entry is only available in Japanese.

About The Author

Hitomi Sano
La Vita Counselling & Spiritual Care代表
佐野 仁美 | Hitomi Sano

心理カウンセラー・サイコセラピスト
バッチ財団登録 プラクティショナー(BFRP)
スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーリング・ミディアム
通訳・翻訳(金融、企業法務、心理カウンセリング、スピリチュアル全般)
英国Supiritualists’ National Union (SNU) 正会員, SNU Trainee Healer

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「鬱」についてのシンポジウム

    読ませていただきました。

    ドーパミンやセレトニンが足りないなら補おう、なんて、人はそんな科学的なもので動いていないんです。
    良いカウンセリングが必要なんです。
    何故そのような状況になったか、過去の状況、そして現在の状況の分析、その障害への対処方法についてのディスカッション。これが必要なのです。

    それを総合的に見て自分の思考のクセを直すのが、認知行動療法、
    現在の状況を打開する意識・行動力を持たせるのが、解決思考型心理療法、

    私はそう信じて活動をしています。
    決して、脳内のホルモンレベル量には注力していません。薬でホルモンを上げ、問題が解決すると思っていませんから。

    私もそう思います。
    かれこれ20年になろうかと思いますが、私事ですが、ある時突然小便の匂いが身体からするようになりました。
    仕事は、技術系の事務がほとんどでした。
    自分では鬱状態かなと感じていて、ある精神科医で診察を受けたら、「幻臭」と???
    心の悩みが自分の身体に小便の匂いを作ってしまった。他人にもわかっていたようで少し嫌がらせもありました。
    この時の精神科医の診断は完全に間違っており、ただ薬さえ出せば治るのだというまるっきり話にならないものでありました。
    当然私は薬は飲みませんでした。
    自分で間があるときに念じていました。
    何年後だろう、匂いというものが消えた。
    西洋医学は薬漬け。

    31日はよろしくお願いします。

Leave A Reply

*
*
* (will not be published.)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。