LA VITA SINGAPORE

スケジュール変更: 9月開講:オンライン講座「スピリチュアリズム入門〜魂のフィロソフィー」(平日夜)

スケジュール変更: 9月開講:オンライン講座「スピリチュアリズム入門〜魂のフィロソフィー」(平日夜)

「スピリチュアル・ヒーリング 理論と実践」講座が 9月から、毎週水曜日に加え、毎週木曜日にも開講となりましたので、
9月の「スピリチュアリズム入門〜魂のフィロソフィー」講座は中止とさせていただきます。

今のところ、以下の日程で数名の方にお待ちいただいています。

・週末(土曜)午後
・11月以降の平日午前

3名以上で開講させていただこうと思っています。
もしご興味がおありでしたら、どうぞご遠慮なくご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
シンガポール自粛期間中に重い腰をあげ、始めたオンライン講座ですが、
5月に平日午前コース、平日夜コースを開始し、シンガポールだけでなく、日本各地、そしてヨーロッパ、オーストラリアの方々と繋がることができ、先日無事、終えることができました。そして、6月半ばより、新たに平日夜コースを開講し、今も継続しています。

「人生の見方が変わった」「世界観が変わった」
「自分軸ができた」「自分のやりたいことを見つけた」
「スピリチュアルなものの本質が理解できた」
「これが、私が知りたかったことだ」

そういった多くのフィードバックをいただき、本当に嬉しく思っています。

 

このフィロソフィー講座は、ミディアムやスピリチュアル・ヒーラーを目指す方には必須の知識と思いますが、普段からいろいろなことに疑問を持ち、自分や家族の生き方を考えている方、「自分は何者か」を考えている方にも適していると信じています。

なぜ、私たちはこの世に生まれたのか。
なぜ、私たちには困難があるのか。
なぜ、私たちは死ぬのか。
そのあとどうなるのか。

 

英国スピリチュアリズムの哲学に触れ、
一緒にご自身の魂の旅路を考えてみませんか?

講座を終え、ミディアムやヒーラーを目指されている方もいらっしゃいますが、
実生活(家庭、職場、友人関係)に生かそうとされている方もとても多いです。

 

講座から知識を得ることがゴールではありません。
逆に、新たな人生のステージの始まりかもしれません。

 

せっかく学んだフィロソフィーを忘れないよう、そして日々実践できるよう、
講座修了者の方には、毎週の瞑想会・読書会(無料)、練習会(有料)などのフォローアップを用意しています。

さらに学びたい方へは、その続編の「スピリチュアル・ヒーリング 理論と実践」講座をご用意しています。この講座は、フィロソフィーを更に深く学び、スピリチュアル・ヒーラーとしての責任に加え、身体や心の健康だけでなく魂の健康を考え、そして愛する人々のために具体的にどうヒーリング・エネルギーを送るかを学ぶ講座です。

 

「スピリチュアル」に生きるとは、自分の「魂に添った」生き方をするという意味。
目に見えない何かと繋がることを第一義的目的とはしていません。

スピリチュアリズムの哲学とは、そういうもの。

どうぞ多くの方がこのフィロソフィーに触れていただくことができますよう。

 

<平日夜コース(10回)>
内容:スピリチュアルなものの「本質」を知りたい方、自分の「魂」に気づきたい方、前世や死後の世界に興味がある方・・・講座を受ける方の動機は様々ですが、講座を修了する頃には、この世界や自分の魂の本質を理解し、地に足のついたものの見方ができるようになるでしょう。

私たちの魂の物語は、壮大な宇宙の創世から始まります。

いわゆる「スピリチュアル」という言葉から想像できるような、目に見えないものを扱うようなフワフワとした耳障りのいい話ではありません。これは、科学を超えた科学であり、魂の哲学。中学レベルで学んだ科学・歴史・生物・倫理等の知識がひとつにまとまります。そしてその包括的知識をベースにしたフィロソフィーが、これからの人生を生きる指針となることを願ってやみません。

 

日時:9月3日(木)より、毎週木曜、夜8時(日本時間)・7時(シンガポール時間)より約2時間、10回
Zoomアカウント:参加者にご連絡
最低催行人数:3名より、8名まで。
講座料:$1000 (ペイパルでクレジットカード使用可。分割要相談)
再受講・振替(2回目以降): 1回40ドル

お問い合わせ:lavitasingapore@gmail.com

*平日午前をご希望の方は、どうぞお問い合わせください。人数が集まり次第、開講します。

La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。