LA VITA SINGAPORE

La Vitaのカウンセリング

La Vitaのカウンセリング

La Vita Counselling & Spiritual Careでは、様々なカウンセリング手法やアプローチを、お客様の状態を見ながら適宜取り入れます。
代表的なものについて、以下をご覧ください。

認知行動療法(Cognitive behavioral therapy: CBT)

人間はある事象に対して、歪んで認知・解釈(Cognitive Distortion)をしてしまうことがあります。例えば「あの人が連絡をくれない」ということを「あの人は私のこと嫌いなんだわ」と瞬間的に否定的に解釈したり(Negative AutomaticThoughts)。こういった不適切な反応の原因である、思考の論理上の誤りは、感情(Emotional)、行動(Behavioural)、そして身体的(Physical)にも相互影響を及ぼします。感情や行動だけでなく、この思考に焦点を当て、心の不調を解決していきます。

解決志向短期療法(Solution Focused Brief Therapy; SFBT)

短期療法(ブリーフセラピー)のひとつ。原因の追究に主眼を置かず、未来に向けての解決策を構築していき、結果的に短期間で望ましい変化が得られるとされています。カウンセラーは深い傾聴を行いながら、心の不調が起こっていない時の状態(Exception)を掘り下げたり、ミラクル・クエスチョン(Miracle Question)、スケーリング(Scaling)という独特の質問手法を用いながら、その解決策を具体的に話
しあいます。

トランスパーソナル心理学的アプローチ

トランスパーソナル心理学とは、いわゆるマズローの「要求の階層構造論」でいう「自己超越要求」の概念を発展させ、「個を超える(Transpersonal)」領域への精神的統合を試みるアプローチです。意識や無意識を超えて「人間とは何か?」「生きる意味は何か?」など、宗教や哲学の範疇に含まれるテーマをも取り扱う心理学で、カウンセリング・サイコセラピーにおいては、人間誰しもが持つ「スピリチュアリティ」を模索します。トランスパーソナル心理学は既存の心理学とは異なり、東洋的な思想が強く影響しています。

マインドフルネス的アプローチ

「今、ここにある(Here and now)」— 仏陀の説法・八正道の「正念」から派生したマインドフルネスの潮流は、現在、CBTを含む色々なセラピーにも取り入れられています。状況に応じ、セッション中に、心を落ち着かれる瞑想、深く内観をする瞑想、魂とつながる瞑想等を実践する場合もあります。

なお、ご希望の方には、バッチフラワーレメディもご紹介しています。詳しくは別ページをご覧ください。
 
 
 

カウンセリングのメリット
カウンセリングのメリット カウンセリングに行っているというと、何か重篤な精神疾患を追っているのではないか、という偏見が、日本でもシンガポールでも未だにあるようです。これは、非常に残念なこと…家族にも友達にも言えずに悩みを...
心の不調とは
心の不調とは 心の不調、悩みをどう捉えるかは、人それぞれであり、明確な基準は存在しません。 「Aさんは大した問題ではないって言うのだけど…。」いえいえ、あなた自身が不快や不安な思いをしているのであれば、それは...
La Vitaのカウンセリング
La Vitaのカウンセリング La Vita Counselling & Spiritual Careでは、様々なカウンセリング手法やアプローチを、お客様の状態を見ながら適宜取り入れます。 代表的なものについて...

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。