LA VITA SINGAPORE

瞑想か、迷走か(笑)

瞑想か、迷走か(笑)

こんばんは、ひとみーなです。

今日は久しぶりに、スピリチュアリズム関連のお話。

2年半ぶりにシンガポールを訪れた瞑想仲間と、日曜日にディナーをしてきました。

私は、ミディアムになると決めた(というか、決められた、というか、そう促された)、未だピヨピヨのヒヨッコであった2013年から、友人達と月に1回ほど「瞑想会」をしていました(途中お休みしていた期間がありましたが)。瞑想して、ちょっとスピリチュアリズムの哲学のお話をして、サイキック・リーディングの練習をして、ミディアムシップの練習をして、ヒーリングの練習をして、毎回約2時間。

その中でもなかなか感性の鋭い方で、2年半前に日本に本帰国された方が、シンガポールに休暇で遊びに来てくれました。

嬉しいことに、日本で、スピリチュアル系を教える講座に毎週通い、瞑想をし、サイキックやミディアムシップの練習をしているとのこと。

彼女は、「自分一人では瞑想できないから、毎週通って瞑想してるの。瞑想すると気分がスッキリするので、まるでヨガに通っているみたいな感じよ」と、控えめにおっしゃっていましたが(笑)。

スピリチュアリズムを学ぶということは、宇宙の真理や魂の旅路を学ぶということ。

スピリチュアリズムと縁が切れていないということは、何かしら彼女にお役目があるからだと感じています。今現在、彼女には、ミディアムになるとか、ヒーラーになるとか、そういう思いは湧いてきていないようですが。

でも、そう思う時が必ず来る、そう確信しました。
それは、数ヶ月後かもしれないし、数年後かもしれないし、数十年後かもしれないし、来世かも知れないし。時が満ちたら。
その時になったら、何故ミディアムシップというシステムが存在するのか、どうして自分がそれを学んでいるのかが必然的にわかる、そんな気がします。人にはそれぞれ、「自分のタイミング」というのがあるので、強制はできません。これは、「Divine Law」と言いますけど・・・

サイキックリーディング、ミディアムシップやチャネリングをする時に気をつけなければならないことは、「自分が誰と繋がっているか」を確認すること。インスピレーションがきたなら、それがどこからか。亡くなった方と繋がっているのか、自分の「指導霊(ガイド)」と繋がっているのか、それとも目の前の人のオーラの中から情報を取っているのかで、リーディングの「質」が全く違ってきます。

特にチャネリングをする方。
低級霊は、高級霊を装うことが多いです。ほんと、すごく多い(笑)。「誰々(過去の偉人、聖人、天使)と繋がっています」という人のほとんどは、(なかには本物もごく少数いますが)ほぼほぼ低級霊で、その偉人・聖人・天使を名乗ったら人が集まるということを知っている、名誉欲・金銭欲等豊かなスピリットと繋がっているか、自己顕示欲も相まってサイキック・リーディングをしてしまっているか。なかには、もちろん本物の方もいますよ。その見分け方はいつか。

因みに、本当に高級な聖人の霊は、名乗りません。
名乗らなくても、そのメッセージの「質」がそれを証明してくれます。
そもそも、そのような高級な方の「波動」に直接合わせられる地球人は、本当に滅多にいませんから。「Divine Law」がわかると、そのあたりのシステムもすんなり理解できるのですが・・・そういった意味で、プロ、そしてプロを目指す方こそ「スピリチュアリズムのフィロソフィー(哲学)」を学ぶ意義があるのですが・・・あまり知られていないですね。

脱線しましたが・・・

定期的に瞑想をする、「Sitting in the Power(スピリット界のパワーの中で静かに瞑想をする)」のは、非常に大事。
講座に通って週に一回30分の瞑想なんて、上等です。
自分を無にしたり、自分の顕在意識を静かにさせる瞑想ではなく、ここで言っているのは、それに加えて「Sitting in the Power(スピリット界のパワーの中で静かに瞑想をする)」の瞑想、ね。
英国Arthur Findlay Collegeの著名な先生方は、一日5分でも、質の高いSitting in the Powerをした方がいいと、私たちにアドバイスしてくれています。
最初は集中できなくて当然。
頭の中をいろいろな思考が駆け巡り、瞑想が迷走になるのも、よーくわかります。
慣れていないのであれば、スピリチュアル系の瞑想会に出席し、誘導瞑想をしてもらうのも一つの手。慣れたら、自己誘導瞑想を。

継続は力なり。
思考は迷走します。
でもその迷走が、いつしか瞑想になり、そして、スピリット界との強いコネクションを築くことができるようになります。
私の「Sitting in the Power(スピリット界のパワーの中で静かに瞑想をする)」の方法は、いつかまた。

この業界(笑)には、木を見て森を見ず、の人が大勢います。
ここでいう「木」は、ミディアムシップやヒーリングのテクニック。
テクニックを教える、学ぶのは、頭では意外と簡単。
でも「森(Divine Law)」を知ることによって、より「木」の役割の部分を理解できるんですけどね・・・
「森」を知りたい方のための個人講座、行っています。
そして、「森」のベーシックな知識を得た方のための「木」の練習会もしています。

気になったら、
まで、是非お問い合わせくださいね。

今日はスピリチュアル系の話でした。

では、素敵な夜をお過ごしください。

About The Author

Hitomi Sano
La Vita Counselling & Spiritual Care代表
佐野 仁美 | Hitomi Sano

心理カウンセラー・サイコセラピスト
バッチ財団登録 プラクティショナー(BFRP)
スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーリング・ミディアム
通訳・翻訳(金融、企業法務、心理カウンセリング、スピリチュアル全般)
英国Supiritualists’ National Union (SNU) 正会員, SNU Trainee Healer

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。