LA VITA SINGAPORE

スピリチュアリストから見た「スターウォーズ」

スピリチュアリストから見た「スターウォーズ」

こんばんは、ひとみーなです。
今日から日本は仕事始め。新たな一年がようやくスタートですね。いかがお過ごしですか?

昨年末、「スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け」が公開となりました。公開数日後のある朝、「今日観よう!」と思い立ち、一人で一番近所のBishanの映画館で鑑賞しました。観客、15人くらいだったかしら(笑)

主人公レイの気迫の篭る演技、カイロとの戦い、懐かしいルークやレイア姫、ハン・ソロ、等々、多くの伏線を回収したような、胸の詰まる思いのした2時間超でした。一つの時代が終わったな、そんな感じ。

映画の評価は他の人に任せるとして。

スピリチュアリスト、つまりミディアムやヒーラーとしてもこの映画はとても楽しめました。

なんたって、
レイが傷ついた怪物やカイロにしたのは、「スピリチュアル・ヒーリング」ではないですか!(エネルギー使いすぎて倒れたので、厳密にはそうじゃないかもしれないけど)

それだけではなく、
ルーク、レイア姫、カイロの魂が「物質化現象」で現れたり、
遠くにあったライトセーバーが「アポーツ(物品引き寄せ)」で手元に来たり、
レイとカイロが戦いながら「テレポーテーション」したり。

それだけではなく、「霊視」「霊聴」もふんだんに使われ、
一人で大興奮でした。
SFって、こんなにスピリチュアルだったのか・・・

ここまで強力な能力ではないにしろ、そういう能力が備わっている人がいるのは確かです。霊視・霊聴はそこそこ知られるようになりましたが。

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、イギリスの著名な物理学者クルックス卿は、物質化現象、アポーツ、テレポーテーション等々の霊的現象を、科学者の見地から「トリック」であると解明しようと、長期にわたり数々の実験を行って来ました。そしてそれが、残念ながらトリックではなく、「真実」であると証明しました。英国科学アカデミー関係者は騒然です。

そうなんです、こういうことができる人が、実はいるのです。今でもどこかにいるでしょう。否、います。

ジョージ・ルーカスはそれを知っててこの映画を作ったのか、知らなかったとしたらどこからインスピレーションを受けたのか?

ちょっとワクワクしましたので、そのワクワクをおすそ分けさせていただきました。
今後SF映画を見るときの、どうぞご参考に(笑)

良い夜を!

About The Author

Hitomi Sano
La Vita Counselling & Spiritual Care代表
佐野 仁美 | Hitomi Sano

心理カウンセラー・サイコセラピスト
バッチ財団登録 プラクティショナー(BFRP)
スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーリング・ミディアム
通訳・翻訳(金融、企業法務、心理カウンセリング、スピリチュアル全般)
英国Supiritualists’ National Union (SNU) 正会員, SNU Trainee Healer

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。