LA VITA SINGAPORE

英国AFC—ジャパニーズ・ウィーク2018

英国AFC—ジャパニーズ・ウィーク2018

こんばんは、ひとみーなです。

今日の昼まで、Arthur Findlay Collegeにいました。はい、まるまる2週間滞在。今週は1週間、ジャパニーズ・ウィークの通訳として参加しました。

ここでちょっと解説。
AFCの先生がたは、英語で講義やワークをします。でも、世界中には英語を話さない人たちもたくさんいるため、AFCでは、通訳付きのコースを用意しています。ジャーマン・ウィーク、スイス・ウィーク、イタリアン・ウィーク、フレンチ・ウィーク、スウェーデン・ウィーク等々、各国語の通訳付きのコースが年に数回あり、ジャパニーズ・ウィークもその一つ。

2013年から始まったジャパニーズ・ウィークは、今回で6回目。最初の年は、私は右も左も分からない超初心者として、シンガポールから参加しました。

AFCでは、他界した故人の方々や、故人を見守ってくれている指導霊とコミュニケーションを(証明付きで)取り、スピリット・ワールド(霊界)の、真理、普遍性、叡智、愛…を学べます。私はそれらに触れ、強い感動を毎年覚え、そしてその哲学を学ぶにつれ、幼少の頃からの宇宙、世界、人生に関する疑問がクリアになってきました(このお話は、違う形で講座でもお話しさせていただいています)。

2017年からは通訳として参加し、世界的に活躍する若手の実力派、クリス・ドリュー先生の担当をさせていただいています。彼のミディアムシップのスピードおよび証拠の正確さは、もう本当に別格。

今年のジャパニーズ・ウィークの参加者は、リピーターを含め全53人。参加者の中には、真剣にそのミディアムシップの技術を磨こうとされている方も多いですが、このいわゆる正統派「スピリチュアル」な世界を覗いて見たい、イギリスに行って見たい、なんて方も少なからずいらっしゃいます。

今年は、1クラス10人はスピリット・アートのクラスに。残りはミディアムシップの3クラスに別れました。

私の担当するクリスのクラスは計14人。経験者も未経験者もいるクラスでしたが、みなさん非常に「素直」(これ、本当に大事)に新しいことに挑戦されていたので、吸収が早い早い(笑)。故人とのコミュニケーションのテクニックを、見事に経験されていました。ペアで練習することが多いのですが、懐かしい個人が出ていらっしゃって、その懐かしさに涙する人も多かったですね。

一般の方は気づいていないかもしれないのですが、「サイキック」能力と「ミディアム」能力は違います。情報源が違います。もう、ほんと、色々違います。その違いがわからない方が多すぎて・・・例えばですが、「サイキック」能力を使って、オーラを読むことができます。人間のオーラには、いろんな情報が入っていますし、カラフルです。過去、現在、そして未来。多くの有能な占い師は、お客様のオーラから情報をとっていて、そして、お客様が「こうありたい」「こういう答えが欲しい」という情報もとっているのです。

でも「ミディアム」の能力は全く違います。ミディアムの情報ソースは、お客様のオーラからだけではなく、お客様の知り合いである故人からのエネルギー。この世で亡くなって肉体を失った方でも魂はまだ生きているので、コミュニケーションできるんですよ。

その方がどういう方か、そして、その方がどういう人でどんなメッセージを伝えにあの世からわざわざ来たかを伺います。例えば、病院で亡くなった時にそばにいてくれてありがとうね、とか、突然死んでびっくりさせてごめんなさい、とか、介護してくれてありがとうね、とか。色々言いたいことがあるようです。

ミディアムシップでは、ほぼほぼ、将来に関することは言いません。何故ならば、自分の人生は自分で責任を負うという原則があるから。また、現世の物理的利益に言及する故人の方はほぼいません。例えば、この宝くじを買ったほうがいいとか、この不動産を買ったほうがいいとか、こういうビジネスを始めたほうがいいとか。そういう「物質世界(マテリアル・ワールド=スピリチュアル・ワールドの対義)」を伝えてくるミディアムがいたらい、ちょっと疑ったほうがいいです。その見分け方はいつかお話ししますが。

こういったミディアムシップがなんたるか、というものを知っている方が未だ少ないのも、残念なことの一つ。(残念は、まだまだいっぱいありますが)

2019年のジャパニーズ・ウィークは、7月です。
ちょっと覗いて見たい、そういう方も大歓迎です。
それが、今後の人生に大きな意味をもたらすかもしれませんし。そうじゃないかもしれませんし(笑)
詳しい話をお聞きになりたい方は、ぜひご連絡ください。もう、喜んで語ります(w)

では皆さま、素敵な日曜日をお送りください。日曜日の夜には、無事にシンガポールに戻っているはずw

About The Author

Hitomi Sano
La Vita Counselling & Spiritual Care代表
佐野 仁美 | Hitomi Sano

心理カウンセラー・サイコセラピスト
バッチ財団登録 プラクティショナー(BFRP)
スピリチュアリスト・ミディアム&ヒーリング・ミディアム
通訳・翻訳(金融、企業法務、心理カウンセリング、スピリチュアル全般)
英国Supiritualists’ National Union (SNU) 正会員, SNU Trainee Healer

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


La Vita Counselling & Spiritual Careでは、特定の宗教や宗教団体との関連や勧誘はありません。及び当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。